200歳までの To doリスト

女子高生の日々の反省・実践・考察日記

【スマホから2週間脱出した結果】〜京医合格への道

こんにちはmirinです

 

やっと勉強しようという気持ちにもエンジンがかかり、自分はこれだけやれば合格する!という道筋が見えたあと、、

スマホに手が伸びてしまう自分がいました(T_T)

 

流石に高2秋でこれはヤバいと思い、学校の定期考査を機にスマホから脱出することにしました。

期間は、テスト前の1週間とテストウィークの1週間の計2週間。

 

スマホ脱出方法

何でもいいからとにかく理由を見つけて脱出決意。

テスト前だから。

受験勉強したいから。

ブルーライトを浴びたくないから。

友達とスマホ触らない協定を結んだから。←LINEしてこないためにも友人の協力を仰ぐのは効果的!

美容のためにスマホを触らずはやく寝たい。

2週間スマホをさわらないという偉業を達成したい。笑←ちなみに私は半分これが理由でした\(^o^)/ほぼゲーム感覚。笑

 

カラーフィルタのグレースケールをON

アイフォンなら、設定→アクセシビリティ→ディスプレイ調整→カラーフィルタ→グレースケールをON でできます。

 画面が白黒になるのでYou Tubeとかは見る気が失せますね。

 

スマホには、人間をワクワクさせ興奮状態にするドーパミンを出す工夫が沢山詰め込まれているようです。

中でも、色には特に刺激を受けるので画面を白黒にするだけでも、スマホをさわりたい欲はおさまります。

知らない人が多いですが、意外と効果的ですよ!

だまされたと思ってぜひ一度お試しあれ!!

 

いらないアプリを撃退!

アプリを消して消して消しまくる!

You Tubeもネトフリもtwitterもインスタも全部消してしまえ!!

 

通知OFF 特にLINE!

私の場合、脱出期間がテスト前だったためLINEを見なくても誰も怒りませんでした。

事前に「わたし今日から2週間スマホ脱出するから!」とでも言っとけばいいんじゃないですか?

もし心配なら、大事な連絡は口頭で伝えるようにお願いしましょう。逃さず聞けて安心。

 

電源切りっぱなし

ベタに有効。

電源切って、リビングの引き出しの奥底へさらば!

 

脱出1〜4日目

1番つらい時期。これさえ乗り越えれば後はラク。なんでも習慣づけははじめの4日が大事!

私は依存症気味だったのでのどから手が出るほどスマホを触りたい期間でした。

前述の通り、私は「2週間もこの苦しみに耐えた」という称号がほしかったので、そう思うとむしろこの苦しみが快感に変わりました。笑

べつにドMじゃないよ〜

 

脱出5〜7日目 

もうこんなにスマホをさわってない、ということに喜びを感じる。

なんで前はそんなにスマホに取り憑かれていたのか、不思議でしかたない。

スマホにふれるということにさえ違和感を感じる。

 

スクリーンタイムをスクショする

先程も述べたように、私は「スマホを2週間触らなかった」という偉業を達成するゲームしていたので、1週間の成果を感じるために一度だけ電源をいれて真っ白のスクリーンタイムを見ました。ウヒョヒョ。真っ白〜。笑

 

脱出1〜2週間目

もうスマホ触らない生活が普通になる。

人間の環境適応能力ってスゴイ!

 

脱出した感想

今までスマホに取り憑かれていた自分が馬鹿らしくなりました。

そして2週間のあいだ一切開かなかった達成感。

長いようであっというま。

もうこれから依存することはないと思います。

やめていた反動というのはあまりなかったので、皆様もぜひお試しください。

  

 

では今日はここまで!

mirinでした。

よろしければ、☆・読者登録を!!