200歳までの To doリスト

女子高生の日々の反省・実践・考察日記

勉強は 量?質?

https://cdn.pixabay.com/photo/2014/03/12/18/42/boy-286240_960_720.jpg

こんにちは、mirinです。

今日は、すでにたくさんの人々が議論している勉強の量・質 問題についてのわたしの意見を述べたいと思います!

 

「勉強は質だ!」の時代は終わった。

そもそもなんですが、「勉強は質だ!」と言われて具体的に何の質を上げるんですか?

私なりに”勉強の質”について考えてみたところ、それは以下のことを意味するのではないかと気が付きました。

 

インプットよりアウトプットをしろ!

これってちょっと前に色んな所で言われてましたねよね。

もうすでに知ってる人が多い話だと思いますし、かなり常識ですね、、、

 

参考書・問題集は一冊に絞れ!

まあこれも知ってますね。

昔はこれを知らずに、闇雲にいろんな参考書を中途半端にかじってたんでしょうね。

今の時代なってもそんなことやってる人はいないのでは、、、

流石に、一冊の問題集を完璧にしたほうが良いのは知ってるはず、、、

 

 

ここまで読んだ人は分かると思うのですが「勉強は質だ」というのはいたって普通のことなのです。

 

勉強は量だ

楽な勉強ならみんなやってるさ!

結局の所、勉強は量なのです。

「勉強は質だから」と言ってサボってばかりでは、学力は向上しません。

成績のいい人は、膨大な量の学習をしています。

 

比較的ハードルが低く、たくさんの量をこなすには?

勉強は量です。頭のいい人は勉強してます。

そんなことは知っている!!!!

ここで話が終わってはいけない!

わたしたち平民にできるすべはないのか?!?!

あります! 

これは私も今実際にやっている勉強法です。

 

頭がボーッとしててもいいからとにかく何度もくりかえし触れる!

 くりかえし、くりかえし、くりかえし触るのです。

見た回数・触れた回数が多ければ多いほど、脳はその情報が必要なものだとみなし、覚えようとします。

頭がボーッとしていても眠くても、やる気がなくても、集中力が切れていてもなんでもいいので、「まずは触れるだけ」の努力をしましょう!

これだけを何度もくりかえし続けていれば、知らないうちに頭に入っているでしょう。

 

 おすすめなのは常に手に勉強道具を持つこと!

見なかったら見なかったでいいので、勉強道具を片手に常に持ち歩くといいでしょう。

例えば、お風呂、トイレ、休み時間、通学中、駅まで、歩いている間などなど。

持ち歩くのは英単語でもチャートでもただのノートでも授業プリントでもなんでもよし!

 

手に持っていると、ふとした瞬間に目にいれることができます。

さらに、スキマ時間で無意識のうちに勉強ができています。

なんて素晴らしい勉強法でしょう!!

 

 

いかかでしたか?

ぜひ皆さんも実践してみてください!

以上mirinでした

 

この記事がよかった人はぜひ⭐を!読者登録もお待ちしております。