200歳までの To doリスト

女子高生の日々の反省・実践・考察日記

客観視しろ!

京大医学部志望のmirinです。

今日は9月から通ってる国語の個別指導塾に行ってました。

 

この塾では、1週間に一冊本を借りて読書しなければならない宿題があります。それもただ読んできなさいと言われるだけで感想や要約の課題は一切ありません。

私はこの宿題の意義を疑問に思いました。

というのも、私の読解力のなさは飛ばし読みをしてしまって正しく筆者の意見をつかめていないことに原因があるからなのです。

ただ読むだけでは読み飛ばしているかもしれません。

 

ここで、塾が読書の宿題を出している意図を改めてかんがえました。

塾としては、ただ読書習慣を身に付けてほしい。普段読まない苦手な文も読んでほしい。、、そういう意図があるのではないか、、?

 

でもそれならなおさら、私の嫌いなジャンルの問題を解くことで、文章も読めてかつ設問にも答えるので、正しい読解ができるのではなかろうか、、、???

 

その話を塾にしました。

 

すると、、、楽しんでほしい。

すぐには効果が現れないが、ためになる。

との回答を頂きました。

 

 

そこで、、

 

ハッ!!!

 

私は焦ってたのかも、、、

 

と我に返りました。

 

最近京大のレベルの高さをようやく肌で感じはじめたので、かなり焦っているのだ、と。

 

つまり、今日の結論は冷静に自分を客観視しろ!です。

 

今の私は、まさに基礎もきちんとできてないのに焦って演習問題をする典型的な愚かな受験生そのものでした。

自分のはるか上を見つめて焦る前に、目の前のことを丁寧に埋めて行くことがわたしに今必要なことです。

こう言葉にされると普通のことですが、自分の事となるとなかなか冷静になれません。

 

きょうはそのことに気がついただけで一歩前進。

大事なのは客観視です!

 

以上mirinでした!

よろしければ読者登録と☆を!